dothikoのカクカクワールド2D REBOOT

プログラミングとかLinux関連(特にOSSのグラフィックツール関連)とかレトロゲームとか色々。

python2のpropertyとタプルの分解で苦労した話

検索ワードが思いつかず苦労しました。アンパックというのですね。

foo, bar = (100, 200)

みたいなやつ。

例えばこんなクラスがあったとします

class _Node:
       
    def __init__(self, x=0.0, y=0.0):
        self._v = np.array( (x, y, 1) )

    @property
    def x(self):
        return self._v[0]

    @x.setter
    def x(self, v):
        self._v[0] = v

    @property
    def y(self):
        return self._v[1]

    @y.setter
    def y(self, v):
        self._v[1] = v

numpy.arrayを隠蔽して、簡単に行列とかかけられつつ 普段は感覚的に.x, .yとかで位置を変更できるという感じの。

こいつにこれをやっていました

n = Node()
n.x, n.y = (100, 101)

これをやるとダメ。

python2ではインスタンスnのプロパティにアンパックではなく、同名のxやyという属性が作成されてしまい、内部値は二重に存在している状態で、二度とプロパティでアクセスできなくなるのでございました。

なおpython3では普通に動くのでありました

ってこの話、遠い昔に見たような気がしなくもなく…(^^;

また一つpython3に乗り換える理由が増えた気がします