読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dothikoのカクカクワールド2D REBOOT

プログラミングとかLinux関連(特にOSSのグラフィックツール関連)とかレトロゲームとか色々。

gimpのpython-fuで作る、前景色と背景色を混ぜるスクリプト

gimp python

そういうわけでgimpにおいて前景色と背景色を混ぜるスクリプトを作りました。

以前作っていた頃はテンポラリファイルに保存するという豪快な仕様でしたが、GUI上で参照できないというもやもや感、ちょっとテンポラリファイルは下品かな…という思いがありどうしたものかと思っていたわけですが、先日ピコーンと閃いたのが「blend history」とかそれなりの名前で混ぜた色をパレットとして作ってしまえば、それはもういかようにもアクセス可能なわけで。

アンドゥを指定するとblend historyの最後のエントリの一個手前を前景色にセットし、最後のエントリ(アンドゥ直前の色)を削除します。最後のエントリは「混色した現在の色」なので、こうしてあります。

なお、blend historyという名前のパレットが存在しない場合は勝手に作りますパレットが多すぎて困ってる方、同名のパレットを使ってる方は気をつけてください*1

まぁアンドゥと言ってますがgimpの他のGUIで行われた変更は追跡できないため、厳密にはアンドゥではありませんが、実用上十分かな?と思い、とりあえず投下。とりあえず動作するようになっていますが、まだあんまり使っていないのでバグが沢山あるかも。

「混ぜる」も色々やり方がある気がしましたが、とりあえずシンプルに単にrgb各色をちょっと重み付けて平均化するというやり方にしておきました。gimpcolor.RGBhsvも簡単にアクセスできるので色相だけ混ぜるみたいな方法も可能なはずですね。

絵画的にはどうなのか?とも思いましたが、まぁ自分の中で不満が湧き上がるまではこのままで。

と、作ってから思いましたがもしかして自分が知らないだけでそういう機能が既にgimpにあるのではないか?という疑念が浮かんできたわけですが、まぁ取り敢えず知らないということは幸せなことだなと…

追記・擬似アンドゥ周りが機能してない(ver 0.4)ようなので、望みの挙動になるように修正しました

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: UTF-8 -*-
#[license] GPLv3
#[plugin]
#[name] blend-fg-bg-color
#[desc] 
#blend foreground and background color and set it as foreground color
#[version]
#0.1 初期リリース
#0.2 パレットを使用する方法に変更
#0.3 パレットの最後のエントリが、現在の混色された色を示すように変更
#0.4 「blend history」ヒストリ用パレットを使用するように変更。
#     以前のカラーをGUI上で参照でき、またテンポラリファイルを使用しない
#     ようになった。
#0.5  アンドゥ周りがオカシイ気がしたので修正
#[end]

#  このプログラムはGPLライセンスver3で公開します。
# 
#   This program is free software: you can redistribute it and/or modify
#   it under the terms of the GNU General Public License as published by
#   the Free Software Foundation, either version 3 of the License, or
#   (at your option) any later version.
#
#   This program is distributed in the hope that it will be useful,
#   but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
#   MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
#   GNU General Public License for more details.
#
#   You may have received a copy of the GNU General Public License
#   along with this program.  If not, see <http://www.gnu.org/licenses/>.           
#
#   Copyright (C) 2015 dothiko(http://dothiko.blog.fc2.com/) 


from gimpfu import *

##### 各種設定定数:自分の環境に応じて変える 
##### configuration constants: change these values as your environment
MAX_UNDO_COUNT=32 # 最大履歴数 maximum history count
PALETTE_NAME="blend history" # 履歴用パレットの名前 palette name to store blended color history

##### グローバル変数:カスタマイズ時の変更はしない
##### global variables,do not modify when customizing
g_palette_name=None # actual palette name within gimp

def python_fu_blendbgfg_func(a_img,a_drawable,sample_arg=True):
    blend_bgfg(0.5)

def python_fu_blendbgfg_slightly_func(a_img,a_drawable,sample_arg=True):
    blend_bgfg(0.90)

def python_fu_blendbgfg_undo_func(a_img,a_drawable,sample_arg=True):
    undo_color()

def blend_bgfg(ratio):

    init_undo_colors()

    rf=ratio
    rb=1.0-ratio
    fg=pdb.gimp_context_get_foreground()
    bg=pdb.gimp_context_get_background()
    cc=get_last_color()

    try:
       #if cc!=None and cc!=fg:  # this line cannot work. read the exception block below 
        if cc!=fg:
            save_undo_colors(fg) # save current color to enable undo
                                 # when first commit(cc==None) or
                                 # current foreground color is not last undo entry.
    except TypeError:
        # gimpcolor.RGB cannot compare with NoneType
        # so when get_last_color() returns None,
        # the line "if cc!=fg:" raise this exception.
        # and the line such as "if cc!=None and cc!=fg:" 
        # also raise this exception every time.
        pass 
    

    fg.r=min(1.0,max((fg.r*rf)+(bg.r*rb),0.0))
    fg.g=min(1.0,max((fg.g*rf)+(bg.g*rb),0.0))
    fg.b=min(1.0,max((fg.b*rf)+(bg.b*rb),0.0))

    save_undo_colors(fg) # changed this here to save new color.
    pdb.gimp_context_set_foreground(fg)

def init_undo_colors():
    global g_palette_name
    if g_palette_name==None:
        count,pals=pdb.gimp_palettes_get_list(PALETTE_NAME)
        if count==0:
            g_palette_name=pdb.gimp_palette_new(PALETTE_NAME)
        else:
            g_palette_name=pals[0]

def get_last_color():
    cnt=pdb.gimp_palette_get_info(g_palette_name)
    if cnt > 0:
        return pdb.gimp_palette_entry_get_color(g_palette_name,cnt-1)
    else:
        return None


def save_undo_colors(fg):
    """
    save undo colors list as json format.

    Arguments:
    fg -- foreground color of gimp.Color,or None when pop undo stuck

    Returns:
        None
    """

    try:
        cnt=pdb.gimp_palette_get_info(g_palette_name)
             
        if cnt >= MAX_UNDO_COUNT:
            pdb.gimp_palette_delete_entry(g_palette_name,0)

        pdb.gimp_palette_add_entry(g_palette_name,"",fg)

    except RuntimeError:
        print('runtimeerror raised at blendcolor.py:save_undo_colors')
        pass


def undo_color():
    init_undo_colors()

    try:
        cnt=pdb.gimp_palette_get_info(g_palette_name)
        if cnt > 0:
            fg=pdb.gimp_context_get_foreground()
            lc=get_last_color()

            if fg!=lc:
                # fg is not last color,this means some other user interaction
                # happened since last operation occur 
                # and current foreground color is nothing to do with 'blendcolor'

                fg=lc 
            elif cnt > 1:
                fg=pdb.gimp_palette_entry_get_color(g_palette_name,cnt-2)
            else:
               #fg=pdb.gimp_palette_entry_get_color(g_palette_name,0) # fg must be same as lastcolor in this case,so this line should be meaningless.
                pass # so pass this case.

            pdb.gimp_palette_delete_entry(g_palette_name,cnt-1)
            pdb.gimp_context_set_foreground(fg)

    except RuntimeError:
        print('runtimeerror raised at blendcolor.py:save_undo_colors')
        pass



register(
        "python_fu_blendbgfg_func",
        "blend-fg-bg-color",
        "前景色と背景色を混合する",
        "dothiko",
        "kakukaku world",
        "Jan 2015", 
        "<Image>/Python-Fu/color/blend-fg-bg-color", 
        "RGB*,GRAY*",
        [
        ],
        [],
        python_fu_blendbgfg_func)

register(
        "python_fu_blendbgfg_slightly_func",
        "blend-fg-bg-color-slightly",
        "前景色と背景色を混合する(10%版)",
        "dothiko",
        "kakukaku world",
        "Jan 2015", 
        "<Image>/Python-Fu/color/blend-fg-bg-color-slightly", 
        "RGB*,GRAY*",
        [
        ],
        [],
        python_fu_blendbgfg_slightly_func)

register(
        "python_fu_blendbgfg_undo_func",
        "blend-fg-bg-color-undo",
        "前景色と背景色の混合を直前に戻す",
        "dothiko",
        "kakukaku world",
        "Jan 2015", 
        "<Image>/Python-Fu/color/blend-fg-bg-color-undo", 
        "RGB*,GRAY*",
        [
        ],
        [],
        python_fu_blendbgfg_undo_func)


main()

↓久々にアフィる!

*1:まぁgimpの初期プリセットやパレットって使わないようなのがてんこ盛りでありがた迷惑というか、逆に使いにくいですよね…オイラは殆ど消して自作のだけにしてます