読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dothikoのカクカクワールド2D REBOOT

プログラミングとかLinux関連(特にOSSのグラフィックツール関連)とかレトロゲームとか色々。

ubuntu linux 14.04LTS出た〜

ソフトウェア関連

この記事はfc2から引っ越した記事です

って、まだインストールしておりませんがorz
とりあえず落とすだけ落としてあります。
ちなみにbittorrenthttp://www.ubuntu.com/download/alternative-downloads
にあります。

ubuntu開発元のCanonicalには、いつまでも無料で使っていては悪いということで、とりあえず少額ですが寄付しておきました。
すまんの、少額で(´・ω・`)
ついでにgimp.orgにもしときました。中々気分がいいw

toto BIGで10億当ったら、Canonicalだけでなくgimpとかxfceとかにもそれぞれ2000万円ほど寄付してあげる予定なのですが、どういうわけかまったくかすりもしません。
一体何が悪いのでしょうか…

ともかく、これからバックアップをして、うっかり間違えることもないとは思いますが
完全を期するため、/varなどの入ったHDDのsataケーブルを抜き、いままで使っていたSSDは取り外し
ようやく、以前買った東芝のHG5dなSSDを投入してインストールしたいと思っています。

SSD HG5d <- /etc/fstabでnoatimeオプションを付けてSSDの寿命を伸ばします
HDD 250GB <- varやtmpを入れてbindマウントし、SSDの寿命を伸ばします。あと緊急時用の/home
HDD 1TB <- 持ち運び用にリムーバブルに入れています。ここに/home

という構成(HG5dになるだけ)です。あとGeForceを取り外してIntel HDに、と。

ああ、250GBの/varの名前を変えておかないと危険かなと。

無事動くといいなぁ…
Intel HD Graphicの2Dの速さは格別ですからねぇ…

これでもIntelグラフィックのフリーズ現象が収まらなかったら、不良も考えねばなりません。
CPUの不良品というのは滅多にないと思いますが、実はおいらは一度掴んだ事がありまして。
正直、さほど信用していないのですよ。
それでいて保証のないバルク品に手を出してしまうとは、我ながらうっかりさんだ。

その場合、偶然にも実家のマシンは実は内蔵GPUが使えないというハンパなマザボでして、
安かったのでうっかり買ってしまったものです。
そんなわけで、実家のPentium G2130だかと取り替えて、実家とのCPUパワーが逆転するということになりそうです…

って、まだインストールしておりませんがorz
とりあえず落とすだけ落としてあります。
ちなみにbittorrenthttp://www.ubuntu.com/download/alternative-downloads
にあります。

ubuntu開発元のCanonicalには、いつまでも無料で使っていては悪いということで、とりあえず少額ですが寄付しておきました。
すまんの、少額で(´・ω・`)
ついでにgimp.orgにもしときました。中々気分がいいw

toto BIGで10億当ったら、Canonicalだけでなくgimpとかxfceとかにもそれぞれ2000万円ほど寄付してあげる予定なのですが、どういうわけかまったくかすりもしません。
一体何が悪いのでしょうか…

ともかく、これからバックアップをして、うっかり間違えることもないとは思いますが
完全を期するため、/varなどの入ったHDDのsataケーブルを抜き、いままで使っていたSSDは取り外し
ようやく、以前買った東芝のHG5dなSSDを投入してインストールしたいと思っています。

SSD HG5d <- /etc/fstabでnoatimeオプションを付けてSSDの寿命を伸ばします
HDD 250GB <- varやtmpを入れてbindマウントし、SSDの寿命を伸ばします。あと緊急時用の/home
HDD 1TB <- 持ち運び用にリムーバブルに入れています。ここに/home

という構成(HG5dになるだけ)です。あとGeForceを取り外してIntel HDに、と。

ああ、250GBの/varの名前を変えておかないと危険かなと。

無事動くといいなぁ…
Intel HD Graphicの2Dの速さは格別ですからねぇ…

これでもIntelグラフィックのフリーズ現象が収まらなかったら、不良も考えねばなりません。
CPUの不良品というのは滅多にないと思いますが、実はおいらは一度掴んだ事がありまして。
正直、さほど信用していないのですよ。
それでいて保証のないバルク品に手を出してしまうとは、我ながらうっかりさんだ。

その場合、偶然にも実家のマシンは実は内蔵GPUが使えないというハンパなマザボでして、
安かったのでうっかり買ってしまったものです。
そんなわけで、実家のPentium G2130だかと取り替えて、実家とのCPUパワーが逆転するということになりそうです…